退職代行業者といえば介護・医療専門の「マカセタ」

介護・医療の退職代行業者

トップページ > 静岡県

当サイトは静岡県にお住まいで、仕事を辞められなくて困っている介護・医療関係に従事している方のために、介護・医療のプロがあなたの退職を代行してくれる退職代行業者「マカセタ」を紹介しています。

退職代行業者とは?

このサイトを見ている方は、「辞めたいのに辞められなくて困っている」という方が大半だと思います。

  • 辞めたいと伝えたのに取り合ってもらえない…
  • 辞めたら損害賠償を請求するぞと言われた…
  • 私が辞めたらほかのスタッフどうなってしまうの…?

あなたのお悩み、退職代行業者で解決できるかもしれません。

しかし、「退職代行業者がどういうものなのかよくわからないから利用するのは不安…」という思いを抱いている方もいるのではないでしょうか。

そこで、退職代行業者とはどういう業者で、どのようなサービスをしてくれるか、料金の相場はいくらなのか、おすすめの業者はどこかなど、紹介させて頂きます。

退職代行業者がどういうものなのかよくわからないから利用するのは不安

退職代行業者とは、「あなたの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービス」です。

費用は掛かりますが、あなたが会社とやりとりをする必要は一切ありません。

私が辞めたらほかのスタッフどうなってしまうの?

看護師の方や介護職の方は志が高く、人を助けたいという気持ちで働いている方がほとんどです。

多くの現場で職員不足と言われていますので、自分が抜けたことで他のスタッフへの負担が増えてしまうことが気になって辞められないという人もいるでしょう。

ですが、私は自分よりも周りの人を優先してしまうあなたが心配です。

あなたの人生はあなたのものです。

あなたはあなたの人生のために、一歩踏み出す時が来ているのではないでしょうか。

そしてあなたが退職代行業者を利用して退職できたときは、辞められなくて困っているという人に退職代行業者を教えてあげてください。

あなたが救う手を差し伸べてあげることで、一人の職員を救えるかもしれません。

辞めたら損害賠償を請求するぞと言われた…

「期間の定めのない雇用契約」の場合、いつでも退職することができると民法で定められています。

また、損害賠償請求をするには損害があった証明をする必要がありますし、訴えを起こすコストを考えると実際に行動に移す会社はほとんどないと言えるでしょう。

脅迫による退職妨害については労働基準監督署へ通報しましょう。

介護・医療専門退職代行業者「マカセタ」は現場を知っているプロがあなたの退職に必要な連絡を代行してくれます。

相談は無料ですし、万が一何らかの理由によって退職が認められなかった場合は全額が返金されますので、介護・医療のお仕事に就いていて辞めることができずに悩んでいるという方、まずは一度マカセタに相談されてみることをおすすめします。

退職代行業者のおすすめポイント

退職代行業者のおすすめポイントをメリット・デメリットに分けてご紹介します。

退職代行業者のメリット

  • ほぼ確実に退職できる!
  • 何カ月も辞めさせてもらえなかった会社でも即日退職可能!
  • 申し込み手続きが簡単!
  • 会社の人に会わなくて済む!
  • 退職手続きに取られる時間をなくせる!

退職代行業者のデメリット

  • 費用がかかる

退職代行業者には費用がかかるというデメリットはありますが、辞めたいのに辞められないという精神的・肉体的苦痛から解放されるメリットと比較したら非常に些末なことと言えるでしょう。

あなたを助けてくれる人はたくさんいます。あなたを必要としている人もたくさんいます。

介護医療専門退職代行業者

会社を辞められず悩んでる方へ
  • 介護・医療専門の退職代行業者!
  • 手厚いアフターサービス!
  • 完全返金システム!

【介護・医療専門の退職代行業者】
マカセタは介護・医療の現場を知っているプロがあなたの退職手続きを代行してくれます。

退職を認めないのは違法行為です

期間の定めのない雇用契約

「代わりが見つかるまで辞めさせることはできません!」

こんなセリフであなたを辞めさせないようとしてくるかもしれませんが、期間の定めのない雇用契約であれば、退職届を出して2週間経過すれば退職することができると法律で認められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。(民法627条第1項)

また、もっと酷いケースの場合「辞めるなら代わりを見つけてこい!」などと言い出す人もいますが、人員を補充するのは会社側が行うことであり、代わりを見つけてくるのは労働者が行うことではありません。当然、自分が抜けた穴を補充しなければいけないなんていう法律上の義務もありませんので、無視して大丈夫です。

「仕事の引継ぎをしっかりやってもらわないと困る!」

引き継ぎをしないことで訴えられるような損害になるとは考えにくいため、損害賠償請求リスクは低いと思われますが、損害賠償請求リスクを減らすためにも、可能な限り引継書を作成するなどの対応をしておくのが望ましいです。

また、就業規則等で、退職届は○ヶ月以上前に提出することと定められている場合も、「期間の定めのない雇用契約」であればその規則は無効とされ、退職したい日の2週間前に退職届を出せば退職は認められますのでご安心ください。

期間の定めのある雇用契約

契約社員など、「契約期間はX年X月X日からX年X月X日までとする」や、「X年ごとに契約を更新する」など、期間の定めのある雇用契約場合、原則として契約期間が満了するまでは自由に退職することはできませんが、一部の例外を除いて、契約期間の初日から1年を経過した日以後においては、いつでも会社を辞めることができると労働基準法137条で定められています。

期間の定めのある雇用契約(省略)を締結した労働者(省略)は(省略)、民法628条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。(労働基準法137条)

例えば3年契約であったとしても、2018年4月1日から勤務を始めた場合、2019年4月1日以降、いつでも辞められると法律で決められているのです。

また、やむを得ない事由がある場合は契約期間の途中でもすぐに辞めることができると民法628条によって認められています。

退職代行業者にできることとは?

退職代行業者は、あなたに代わって退職する旨を伝えることはできますが、未払い金や退職金の「交渉」などは原則として弁護士しか行えません。(弁護士以外の者が交渉を行う行為を非弁行為と呼びます)

退職代行業者は交渉を行うことはできませんが、あなたの要望や希望をそのまま伝えてもらうことは可能です。

  • 退職する旨を伝えてくれる
  • 有給休暇の取得希望を伝えてくれる
  • 離職票の発送に関する連絡を伝えてくれる
  • 社会保険などに手続きに関する連絡を伝えてくれる
  • 退職金の確認を伝えてくれる
  • 会社からあなたや実家へ連絡しないよう伝えてくれる
  • 会社にある私物をあなたの元へ送付するよう伝えてくれる

※業者によっては別途費用が発生したり、その要望は伝えられないというケースもありますので、まずは退職代行業者に相談してみましょう。

もし、あなたが「残業代未払いの交渉」や、「退職金の交渉」、「慰謝料の請求」「有給の買い取りを交渉」などを希望しているのであれば、弁護士が行っている退職代行サービスに相談されることをおすすめします。

弁護士が対応してくれる退職代行サービスで追加料金は一切ないと書かれているところもありますが、これはあくまで「退職手続き費用」に対し追加料金は一切ないということで、交渉が必要になる場合には、追加の対応費用(着手金、成功報酬、相談料など)発生しますのでご注意ください。

ただ辞めることを目的にしているのであれば、退職代行業者で全く問題ありません。

退職代行業者の流れ

退職代行業者の流れはとても簡単です。

今回は介護・医療専門退職代行業者「マカセタ」の流れを例に紹介します。

LINE@、メールフォーム、電話で相談する(無料)

雇用形態に応じた費用を振り込む

【マカセタ退職代行料金】
社員…50,000円(税抜)
アルバイト・パート…40,000円(税抜)

※退職できなかった場合全額返金保証
※追加料金の発生無し

マカセタが退職について必要な連絡を代行し退職代行完了

退職代行業者 比較

退職代行のサービスによって違いはないか、介護・医療専門退職代行業者「マカセタ」を基準に比較してみました。

一般的には退職代行業者の平均相場は30,000~50,000円が相場のようですが、退職代行業者の値段はピンキリで、安いところでは10,000円~というところもあります。

安いに越したことはないのですが、安い代行業者の場合、本当に最低限のことしかやってくれないか、後からオプション料金を追加してくる場合も多いとのことですので注意が必要です。

退職代行業者の評判は?

退職代行業者の口コミや評判を調べてみたところ、利用したことがあるという人の口コミは、ほぼすべてと言っても過言ではないほど「利用して良かった」というものばかりでした。

退職代行を利用して失敗したという口コミも探してみたのですが、失敗した人は○○弁護士へお任せくださいという流れで自身のブログへ誘導している口コミくらいしか見つかりませんでした。

まとめ

介護・医療のお仕事を辞められなくて悩んでいる…という方はいませんか?

退職代行業者「マカセタ」なら、介護・医療のプロがあなたの退職を代行してくれます!

静岡県の方向けはじめての退職代行業者Q&A

ほとんどの退職代行業者で、「要望を伝えてくれる」ということは無料で請け負ってくれる場合が多いのですが、中には、別途費用が発生したり、その要望は伝えられないというケースもありますので、まずは会社に伝えてほしいことをリスト化し、先方にその旨伝えてもらえるかを退職代行業者に確認しましょう。

Q.勤務先に行かなくても退職できますか?

A.できます。

退職の手続きはすべて郵送で行われます。

Q.本当に退職できますか?

A.できます。

普通の雇用契約であれば退職できる権利が法律により認められています。
退職できなかった場合は全額返金してくれる代行業者もあります。

Q.勤務先が退職を認めてくれるか不安です…。

A.大丈夫です。

普通の雇用契約であれば退職できる権利が法律により認められています。
一部の特殊な雇用契約を除き、勤務先から承諾を得ることなく、一方的に退職しても問題ありません。

Q.離職票などの書類は発行してもらえますか?

A.大丈夫です。

離職票などの書類の発行は、法律上の義務です。

Q.突然退職したら勤務先から損害賠償を請求されたり、訴えられたりしませんか?

A.可能性はとても低いです。

損害賠償請求や訴訟のリスクがまったく無いわけではありませんが、退職には勤務先の承諾は必要ありませんから、退職したこと自体を理由に訴えられることはありません。

また、あなたが大きな責任がある立場である場合を除いて、訴えられるだけの損害が発生することはまず考えられません。損害賠償請求をするには損害があった証明をする必要がありますし、訴えを起こすコストを考えると実際に行動に移す会社はないと言えるでしょう。

Q.家族や親にバレずに退職できますか?

A.確約はできません。

勤務先に対して、あなたのご家族やご両親に対して連絡をしないように伝えてもらうことはできますが、強制力がありませんので保証はできません。

Q.上司や会社から携帯電話に連絡されたり自宅に訪問されたりすることはありませんか?

A.確約はできません。

勤務先に対してあなたに連絡したり、自宅を訪問しないよう伝えてもらうことはできますが、強制力がありませんので保証はできません。

Q.保険証や勤務先の制服はどうすればいいですか?

A.貸与されているものは、最後に出社する日にすべて置いてきてください。

手元にある場合は、送る前の証拠写真を撮影したうえで、勤務先に郵送してください。(届いていないと言われないために簡易書留等を利用しましょう。)

Q.勤務先に私物がある場合は、取りに行かなければいけませんか?

A.送付依頼は可能です。

私物は最後に出社する日までに、すべて持ち帰ってください。
やむを得ず、勤務先に置いてきた場合は、勤務先から郵送してもらえるよう伝えてもらうことは可能です。
ただ、会社側からの嫌がらせで複数回着払いで送られたという例もありますので、可能な限り事前に持ち帰っておくことをおすすめします。

Q.退職代行業者を使うと転職に不利になりませんか?

A.なりません。

安心してご利用ください。

Q.万が一、退職できなかった場合払ったお金は無駄になりますか?

A.なりません。

退職代行業者というのはほとんどの業者で高い成功率を誇っていますので、失敗する可能性は極めて低いと言えます。
それでも心配ということであれば、失敗した際は全額返金してくれる「マカセタ」などがおすすめです。

Q.追加料金は発生しませんか?

A.業者によります。

格安で請け負っている業者の場合、追加料金が発生するというケースがあるようです。
「マカセタ」など、追加料金が発生することがないと明記されている明朗会計な業者に頼むのが安心です。

退職代行業者の利用を考えているときに役立つコラム

SARABAは定額制の退職代行業者です。相談は何回でもできて、お値段は一律3万円です。
全額返金保証付なので、依頼しやすいですよね。

退職するにあたりきになることは依頼主に代わって伝えてくれますので申し込みの後は、ただ報告を待つだけOKです。


明日にでも辞めたいという人でも対応してくれるので、人手がなくてなかなか辞めさせてもらえない、上司の顔も見たくない、そんな人は、定額制の退職代行業者SARABAに依頼しましょう。

人材紹介会社と提携しているSARABAなら転職が成功しやすいかもしれませんよ!自分では仕事を辞められなかった人の救世主、退職代行業者の真相を知るべく、今回は体験談を紹介します。
「私は今年入社したばかりの新人なのですが、いざ出社してみると社風が自分に合っていないと思い、すぐに辞めようと心に決めたのですが、言い出せる状況ではなく…。私が言い出せない間に同期が辞めてしまい、さらに辞めづらくなってしまって、毎日会社に行くのが本当に辛かったです。そんな時ツイッターで流れてきたのが退職代行業者でした。

私にうってつけのサービスだ!と思いすぐに申し込みました。


このサービスおかげですぐに会社を辞めることができ、本当に利用して良かったです」会社を辞めさせてもらえない、そんな話を聞いたことがあるという方も多いと思いますし、実際に身を持って経験されたという人も多いでしょう。辞めたいのに辞めさせてもらえないなんて違法では?と思ったことありませんか?雇用期間の定めがない場合は、退職の意向を伝えてから2週間経てば雇用契約は終了すると民法627条1項に定められています。

つまり、辞めると宣言してから2週間経てば辞めるいいと法律で認めているのです。但し会社によっては退職願は3か月前には届け出が必要という規則になっている場合もありますので契約書等ご確認ください。次に雇用契約の期間が定められている場合なのですが、この場合はやむを得ない事由がある場合に限り会社の了承を得なくても会社を辞めることができるとされています。
やむを得ない事情の内容がどういった内容なのかが争点になるかと思いますが、雇用契約期間が過ぎてしまえば、いつでも退職できると労働基準法137条で定められています。退職代行業者を利用する上で、やっぱり気になるのは評判ですよね。ほぼ全ての業者で、成功率はほぼ100%であることや、即日対応も可能だったりするので、悪い評判を見つけることはできませんでした。
ただ、退職代行業者EXITが話題になったことで、同じようなサービスを提供する業者も増えました。

新規参入業者の中には、格安で請け負っている場合がありますが、追加料金を請求してくる場合があるそうですので、良い・悪い問わず評判や口コミが全くみつからない業者は考え直した方がいいかもしれません。



先日クローズアップ現代で退職代行業者の特集が放送されていました。



会社に執拗に引き止められ退職できず悩んでいるという人が多いそうです。
全国の労働局には退職に関する相談が増加しており、10年で相談件数は2倍になってしまっているんだそうです。法律上、辞めたいという人を拘束する権利はありませんので、退職届を出した次の日から会社からの連絡を一切絶って出社しないという道を選ぶこともできます。
実際に、社員・バイトに関わらずいきなり連絡もよこさずぱたっと来なくなった人、あなたの周りにもいませんでしたか?ただ、すんなり辞めさせてくれないような企業の場合、バックレ辞めをしてしまうと離職届の手続きをしてくれなかったりするので、次の転職にも響いてくる可能性があります。
そうなってしまうと再スタートにケチがついてしまいますので、退職代行業者を利用してとっとと手を切ったほうが未来は拓けると思います。
退職代行業者といえばexitという会社が有名です。



exitは、会社を辞められなくて悩んでいるという人にはまさに救世主のような存在でしょう。即日対応してもらえるので、2度と会社に出向く必要もありません。費用は正社員・契約社員で5万円となっています。格安とは言えないかもしれませんが、苦痛な思いをしながら会社にいくことを考えた場合、決して高額ではないでしょう。
中には辞めると伝えた途端、脅迫まがいに訴えるぞと脅すような会社もあるようですが、辞めたいのに辞めさせてもらえないこと自体が違法行為に当たる可能性がありますのでそんな会社とは1日も早く縁を切ったほうが良いでしょう。


ニュースやドラマなどで「非弁」と言う言葉を耳にしたことがあるかもしれません。
会社と交渉を行いその対価として報酬を貰っていいのは原則として弁護士のみです。
そのため弁護士資格を持っていないのに交渉を行う行為は非弁行為として禁止されてます。退職代行業者においての非弁リスクの可能性ですが、ただ辞めるということを代弁するだけであれば問題はないのですが、退職金の請求なども考えている場合、弁護士に相談したほうが手っ取り早いです。
一部の退職代行業者では、非弁行為を行っている業者もあるようで、その場合退職自体が無効になる可能性があると弁護士は警鐘を鳴らしています。
退職代行で1番有名な業者EXITの場合、弁護士が対応してくれるというわけではなく、弁護士はあくまで会社の顧問弁護士なだけで、弁護士からの指導により業務をしていることになりますのでご留意ください。



インターネットで大きな話題を呼んだ退職代行業者イグジット。


マスコミに取り上げられることも多く聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
話題になるのはいいのですが、気になってくるのがイグジットのパクリ業者です。ちょっと前までは一部の弁護士事務所などで請け負っていた転職代行業務が、今では数多くの業者が検索にヒットするようになりました。

業者によっては非弁行為を行っている業者もあるようですので業者を選ぶ際には十分精査する必要があるでしょう。パクリ業者が増えたことに対し、あまり良くないイメージを抱く方が大半かと思いますが、実は決して悪いことだけではありません。



退職代行が広く普及することで退職できずに悩んでいる多くの人を救えるようになったのは間違いないからです。

退職で悩んでいるという方、イグジットに相談されてみることをおすすめします。退職代行業者で今問われているのは違法性の問題です。
退職代行業者を利用するにあたり、にただ辞められればいいという人もいれば、有給の買い取りを交渉したり、残業代を払ってもらいたいという人もいますよね。実は、会社を辞める際、会社と金銭的な交渉を行うことができるのは原則として弁護士しか行うことができません。つまり、弁護士資格のない人が会社に交渉を行うことは非弁行為であり違法行為になるのです。



依頼する行為を罰する規定はないので依頼者が罪に問われるということはありませんが、非弁行為が認められた場合、退職が取り消される可能性があります。辞めたいという意向を無視して退職させないような会社の場合、ここぞとばかりに攻撃してくる可能性も無きにしも非ずなので(辞めたがってる人間を辞めさせないというのも立派な法律違反なんですけどね)有給の買い取り交渉や残業代の請求などを考えている人は、最初から弁護士事務所に相談するのが手っ取り早いです。

退職代行業者が非弁行為に当たるか否か、弁護士の間でも見解がわかれているようです。非弁となる行為は、会社に対しての交渉行為や書類作成を代行する行為があります。

退職する際に発生する交渉事としては、残業代の請求や有給の消化などがあります。退職代行ではそれらの要望は一切伝えてもらえないの?と思うかもしれませんがそんなことはありません。



伝えてもらうことは可能です。退職代行は、あなたの要望を交渉することは非弁行為にあたるため行うことはできませんが、あなたの要望を伝達することは非弁行為にあたらないからです。次に、顧問弁護士がついている業者であれば交渉もしてくれるかどうかについですが、答えはNOです。なぜならその顧問弁護士はあなたについてくれるわけではないからです。その顧問弁護士は退職代行業者が非弁行為を行わないよう指導・監督している会社にとってのアドバイザー的な存在だと思ってください。



有給の買い取りや未払い金がある場合などは、交渉になる可能性がありますので、弁護士事務所に相談するのがベターでしょう。

静岡県の方向け退職代行業者を探す際のお役立ち情報

会社を辞められず悩んでいる方へ

静岡県で退職代行業者 マカセタ